top_teturn
 
 

 立体視(S3D)・ 写真の動画編集加工・コンテンツ制作

GB3Dへのお問い合せ
立体視【StereoScopic (S3D)】による写真の動画は奥行き感、飛び出し感など写真撮影現場での臨場感が、そのまま画面にあふれ出てきます !


mark_gray S3D・取組み:  実写撮影写真のスライドムービーによる立体視コンテンツ制作のサービスは、現在は実施しておりません。
   今回、下記に紹介した事例はトライ作品で、あくまでご参考として閲覧ください。

価格と制作期間
良くある質問(Q&A)
ムービー制作手順と納期




立体視による写真の動画編集 Anaglyph Scope によるS3D

space


立体視写真編集のGB3D_お台場

立体視写真編集のGB3D_旧古河庭園

 

東京・お台場の立体視(S3D)・写真動画 no1 東京・旧古河亭の立体視(S3D)・写真動画 no2

 


立体視写真編集のGB3D_新宿

立体視写真編集のGB3D_スカイツリー

 

東京・新宿の高層ビル群の立体視(S3D)・写真動画 no3 東京・スカイツリーの立体視(S3D)・写真動画 no4

 


立体視写真編集のGB3D_小石川後楽園

 

 

東京・小石川後楽園の立体視(S3D)・写真動画 no5 Side by Side (Half Size)立体視フォーマット形式


mark_gray 【制作での補足説明】:  立体視コンテンツには多くの未解決課題、問題もあります。
     飛び出す映像でインパクトのある効果が期待できる半面、過剰な飛び出し感が多い立体視映像は、映像酔いや、眼精疲労など眼に良くありません。
     過去の過度な立体表現手法では、多々ありましたが、現在はその反省から、飛び出し感よりも奥行き感覚に重点を置いて制作が行われています。
     視差の付け過ぎに注意し、適度な違和感のない立体視コンテンツを心掛けて制作しています。
     立体視が招く視覚上での健康障害の可能性など、研究課題はまだ多いと思いますが、反面、実に魅力的なコンテンツであることも間違いありません。
     これからも先進的かつ将来性のあるコンテンツであり、弊社でもより一層、力点を入れて取り組みたいと考えています。


※ 掲載している静止画、動画の無断コピー再利用は厳禁! (著作権の侵害になりますのでご注意ください)  by GRANDBLUE3D,Inc.



GB3Dへのお問い合せ
ページのトップに戻る
トップに戻る